好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は要注意です。

自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意した方が良いです。

趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと思っている人は注意が必要です。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私は、食べることが好きで以前は、飲食店で働いていました。その飲食店での業務は、そのレストランで私が担当していた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容については、不満もなく楽しんでいたのですが、人間関係にすごく疲れてしまいました。ということが原因で、退職する羽目になったのですが、それと同時に、大好きだった食べることやそのレストランで扱っていた食べ物も嫌いになり、同ジャンルの飲食店は今も行けていません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事に就いたばかりの頃は、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと願い、それを実現させることは素敵だとは思います。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、真剣に自分に尋ねる必要がありそうです。

転職することで仕事先を新しく替えるということは、自身に見合った…

再就職することで仕事先を新しく替えるということは、自分に合う自分の理想に近い場所に就職したいものです。職種を変えることで、あなたにうってつけの仕事に有りつけることも可能です。しかしながら、現実に行動に移すとなると、相応の努力が必須となります。表現を変えると、自分の価値をあげれば、「天職」に巡り会える、というだけの話です。ここ最近は、職業選択の自由が一般的に当たり前になっているので、退職して転職しても偏見を持たれる心配もありません。今のような事態のもとでは、今現在、「価値ある人材が欲しい」が願っている企業も増えているので、今の良い時期を有効に使ってみてください。

3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに、早・・

2ヶ月まえに、転職したばかりなのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまう選択してしまう人がけっこう多いものです。何故かと思うと私の考えでは新たな気持で自分自身に合った仕事で勤務を始めてみたものの、「自分自身の考えていた職場環境と大きくかけ離れていた」「雰囲気にどうしても馴染めない」といった感じで去っていくのだとか。できればこのような、転職先選びでの失敗を避けるためには第一に、前もっての情報集めは欠かせません。徹底して行うべきなのです。通勤時間、給与体系、などあれこれ事前に調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

転職した場所では、「年収」を高望みしないほうが無難です。

新しい就業先ではすぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、転職して1年目は大体「研修期間」が入っている会社が多数で、私自身の場合はどうにかして手にした仕事なのに、期待とは裏腹に前の会社での年収とあんまり同じ額で変わりませんでした。加えて、業務は多様で忙しく、かなり責任が伴うものだったので、1年目は、ひどい状態でした。そういった経験から、1年目はいわば勉強の年と割り切って、できれば転職する以前に貯金をして備えておくべき、と痛感します。

転職活動を今の仕事と同時進行させる人が多いです。

転職活動を現職と同時に行っている人が多いです。しかしながら、忙しく仕事をしながら求人情報を求めて奔走したり、面接に行くのは精神的にも肉体的にもかなり骨の折れる作業といえます。また、転職活動時は、今の会社の同僚や上司に隠す必要があります。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、面倒な事になるかもしれません。転職エージェントにサポートしてもらって応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、他方自分で直接応募した場合も応募した企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。自分の大切な時間を無駄にすることとなるため、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると理解しておきましょう。


営業ツール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)