在職期間にあるときは、可能なかぎり周囲に悟られないよう…

雇用中は状況が許す限り、周りの人に悟られないよう・・

就労中は状況が許す限り、周囲に気づかれないように、(私の経験談ですが)雇用期間中に転職の考えを早いタイミングで会社内で話してみました。けれども、その後に転職情報を見て回ったのですが、思いとは裏腹に働く先や転職するタイミングさえも何も決まらないまま、ダラダラ時間を空費する結果に。挙句の果てにはその傍ら、会社の方も仕事の引き継ぎ、諸々の手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たのち、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

転職の間は、そういう風にしたいわけではないのに時間に余裕があるため・・

転職の間は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、だれた生活になってしまいます。でも、そんな生活を常態化させるのはキケンです。不思議なもので、だらだらと過ごす生活をしていると、肉体的にだけでなく、「心」もだらしなくなるからです。なので、いつの間にか働く意欲が湧かず、お金が回らなくなって困る事態となりかねません。そうしているうちに、悪いサイクルがさらにつづき、再就職先を見付けることが難しくなってしまいます。次の仕事を決められないのは、お金を一番に考えてしてしまうからです。もらえるお金を一番に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活をするためにも、ダラダラした生活は、しないように気を引き締めましょう。

失業時の助けになる「失業保険」は、失業のあいだが給付条件ですが…

失業時の助けになる「失業保険」は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、給付期間が無限に続くわけではありません。失業時までに働いていた期間によって異なり、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、これを知らない人が一定数います。失業中である限り給付されると勘違いして「失業保険を受け取れるあいだは遊んでいよう」という人がいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから焦りながら職探しを始めても条件のよい仕事を見つけるのは至難の業です。転職先の面接官もバカではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった箇所は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。ヘタをすると、面接官から失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、採用されることはまずありません。

安定した生活を手に入れるべく正規社員として働くことを意識している人…

より安定した暮らしを願い「正社員」になりたいと思っている人はかなりいます。けれども、即戦力として働けるように資格を取得するなどして努力しても、正規雇用が難しいこともあるでしょう。非正社員の求人募集が目につくのに正社員の求人情報以外は気にも留めず時間だけが経過していく、といったケースが多いようです。万が一、中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、非正社員の募集も見てみましょう。契約社員を募集している企業であっても、働きぶりによって2,3年で契約社員から正社員にステップアップができる可能性もあるからです。ですから採用面接時に、正社員として働けるチャンスがどの程度あるのかを質問しておくと後々の役に立ちます。

転職を考えるとき、転職したあとの自分の給与ばかりを気にする人は…

転職を考えるとき、転職先での自分の給与について気にする人がけっこう多いように思います。誰もが仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費をつくるために仕事をしていると思います。自分がどのくらい評価してもらえるか、という側面もあるから、当然大切なものであることは至極当然です。それにしてもひどくもらっている年収額ばかりをとらわれすぎてしまうのも悲しい気がしませんか?この世には収入に直結しない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が普通に転がっているからです。


気になること、知識の泉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)