転職候補先での会社見学に参加するとかなり勉強になります。

転職したいと考えている会社で見学などがあるとかなり勉強になります。

転職先の見学ができれば、たいへん参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」がいる会社での見学は、腕を見るのが楽しいものです。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者には間違いなく、いつも通りの仕事風景とは違っているものです。例を挙げるとずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので実際に入社しないと、本来の働き方が出ません。ですから、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは考えないことがたいへん大切です。加えて、見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社はとてもキケンですし、正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。入社していない人間には、問題が起きたとしても、保障が一切無いので、仮に、勧められてもていねいに断るのが無難です。

今やっている転職活動中に、「自分はこれまでこういった種類の…

やっている転職活動の際に「自分はかつて、こういう内容の仕事をがんばりました」「過去の仕事では、こういったスキルを得られました」と自分の実績などをしっかりアピールする人はわりと少なくありません。ところが、転職希望する1から始める組織で「将来、こういったことをしたい」「斯くの如き内容の仕事なら積極的に貢献したい」と将来的なビジョンを話して自身をアピールしていくほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

今のご時世では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生計を立てたり・・

今では、株・不動産投資などといった不労所得で収入を得たり、自営業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そのような移り変わりもあり、「起業はキケンだ」といったこれまでの見解も変わりつつあるようです。1960年代ごろの高度経済成長の頃には、どうなるかわからない株式投資、自営業といった稼ぎ方よりも雇用されて働くほうが大いに堅実であり、人が生きていくうえで正しい道として、一般の人々に認識されていました。そういった時代は終わり、時代は変わって「成熟期」という風にもいわれます。コンピューターの進化とともに、将来的には自動化・機械化が顕著になり、仕事で人が要らなくなる社会になっていく、とも言われます。

就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。

就職活動において、必ず話題になるのが年収です。面接時には、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで実際もらっている年収よりも多めに申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、もし一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソはバレてしまうからです。トラブルに発展する可能性もあるので、現職での年収を正確に申告し、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。年収400万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえば普通はありません。もし、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが正しいです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのを退職しなければならないという事態になる恐れもあるので、気をつけましょう。

多くの場合大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなの・・

一般的観点からすると大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。また、都心以外だとその確率はとても小さくなります。ただ、製造業の場合においては、地方の工業団地のあたりに製造の拠点としていることも少なくありません。そういう地方の工場は、事業拡大をする際に「途中採用」を積極的に行うので、その好機に転職を検討してみるのも有りです。地方の工場を転職に考える場合、希望する企業についての下調べから収集しておきましょう。その会社のHPをチェックし、求人がないか時々チェックされることをお勧めします。


名刺デザイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)