転職したいと考えている会社での見学に参加するとすごく参考になります。

転職したい会社の会社見学は、かなり勉強になります。

転職しようと考えている会社で見学などがあるとすごく勉強になります。そのなかでも「職人」がいる会社は、スキルを近い距離で見られるので楽しくなります。が、「職人」がいる会社見学は、見学者には例外なく、実際の仕事風景を見せてくれることはまずありません。もっとも顕著なのは、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。個人のクセが反映されやすい業種なので、入社しないと、実際の姿は伺えません。なので、会社見学で見たものを仕事内容だと解釈しないことがたいへん重要なのです。さらに、見学時に実際に仕事を体験させる会社は倫理的にアウトですから正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。入社してもいない人には万が一問題が発生したとしても、それに対する保障が一切無いので、スタッフから勧められてもやんわりと断るとこが大切です。

がんばっている転職する活動の際、「自分は経験としてこういう価値のあ…

転職する活動時、「今までずっとこのような仕事をしました」「今までにこのような技術に磨きを掛けました」とそれまでの自身の成功体験やセールスポイントを強めにアピールする人は多くいます。でも、志願し新たな職場で「機会があればこうありたい」「私が話したような内容なら積極的に貢献できるに違いない」と未来の展望を話して自身を売り込むほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

現在は、株式・不動産投資などの不労所得を得たり、自営業、起業等、…

昨今では、株式・不動産投資などといった不労所得、または個人事業や起業で頑張っている人も増えています。そのような世の中の変化もあるせいか、「会社員は安定がない」といった見解も変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、どう転ぶかわからない株式投資・自営業よりも雇用されて働くほうが賢明であり、人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが自然のことのように一般の人々に認知されてはいました。そのような時代は終わり、今現在は「成熟期」などと表現します。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。

就職活動において、年収はとても大切な要素です。

就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。面接時には、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで年収を本当にもらっている額よりも大きく申告し、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要となり、一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまうためです。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現在の年収を正直に申告し、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげれば、今の年収が300万円の方が転職後にいきなり500万円になる可能性はまずあり得ません。仮に、現在が430万円の年収であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが得策です。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社した会社をそのまますぐに退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

一般的に見て大きな会社は「定期採用」で人材を確保します。ですから・・

一般的観点からすると大企業は定期採用中心で、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。そのうえ、都心以外だと転職の見込みがとても低くなります。例外的に、製造業系においては、地方の工業団地を製造工場を持っていることもはずです。また、そういう工場は、事業を拡大する際に「中途採用」を行っているので、そういった機会に転職も悪くないと思います。そのためには、地方の工場での転職を希望される場合は、希望する企業についての下調べからチェックしておきましょう。その会社のホームページを覗いて、求人がないかちょくちょくチェックしてみてください。


リワークプログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)