派遣で働いています。派遣法とか労働契約法の関連で否応なく・・

派遣社員として勤務しています。

派遣社員として勤務しています。労働契約法が原因で残念ながら長い期間働いた勤め先での仕事が終了します。仲間の派遣社員の中には派遣の就業先で正規社員の条件を手に入れた方もいるのですが採用された理由としてははっきり言うと仕事ができるわけではなく派遣先の上司へのごますりがうまい方でそのおかげでで採用された模様。業務処理能力よりもおじさんを転がす能力の方が必要なんだねーと抜擢されなかった他の派遣の仲間と派遣先の会社で愚痴る日々です。

3日ほど前転職の準備をしておこうと人材バンクに登録に行きました。

転職先を探すために人材紹介会社へと登録に行きました。そこで登録カウンセリングの時に出てきた担当者の雰囲気がどうも入社して間もない新入社員で、私が説明したことの半分も理解できてないようでした。さらに「キャリアデザインが甘いですね」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておく必要があります」等、上から目線で横柄に言い散らかすからとても不快な気分になりました。カウンセリングをする人はそこそこ能力のある方に、してほしいと思います。

時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年経っ・・

派遣社員であったとしても、1年ごとに自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと転職したことで理解しました。新婚した後、生活に慣れたらなるべく早く子供を授かりたかったので、その時が来るまでのあいだ、1年半~2年ほど現在の会社で継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員としてだったので、収入は少なかったですが、仕方なく家庭の時間を得たかったので、あえて選択しました。でも、入社したあとに、一緒に働く人たちのほぼ全員派遣社員として10年~15年ほど勤務しているというのです。派遣社員を選択しても、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

転職活動を行うにあたっては、まず第一にインターネット上で求人サイトを見たり・・

転職をするとき、まず、求人票・パンフレット・ウェブサイトなどで関心のある会社を調査するとは思います。ところが、その会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社にマイナスとなる情報を隠すプロでもあります。たとえ公表するとしても遠回しな表現に徹します。そのような類の「社長インタビュー」などに関しては、そのまま信じるよりも、半信半疑で聞いている方がいいです。鵜呑みにして入社した場合、「聞いていた話と違うじゃないか」とあとでガッカリすることになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、いろいろとイチャモンをつけて辞めさせないよう仕向けてきます。この手のブラック企業には注意しましょう。

転職した際には、高確率で前の会社の仕事での美化されるものです。

転職した場合には、高い確率で前の仕事での出来事は美化されます。今の職に合意できない点があるから、そういった思いをどうにかするために、やっとのことで転職したはずにも関わらず、時間の経過とともに不思議と「前の仕事のほうがマシだった」と感じることは多いです。というのは至極当然で、以前の職場では業務をこなすことに慣れきっていて今よりもわけなくやるべき仕事が消化できていたのも一番の理由にあるでしょう。ですが、「やっぱり退職などするべきでなかった」と心底思うほど、前の仕事のほうが労働環境や、全体的な待遇が良いケースもあります。


大阪市の外壁塗装・雨漏り・防水工事はリウォール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)