満足できる転職を希望しているのなら、あらかじめ、意味のある情報収集をしておきましょう。

満足できる転職を希望しているのなら、あらかじめ、行動しなくてはいけません。

満足できる転職するを希望しているのなら、最初から情報を収集することを徹底してみましょう。ですからこの頃はたとえ小さな企業の意地でか公式サイトに企業のことを書いている会社が多いので、ネットを駆使してあれこれを手に入れるとまたその企業のわからない点などを解消しておくと転職の助けになってくれます。また、公式サイトのほかに、「転職サイト」を利用してみるのも意外な発見があるはずです。また、インターネット以外の手段として、何より希望している職場を自分の目で判断するのも大事です。

転職をする際に用意しないといけない履歴書について…

再就職する場合書く必要がある履歴書に関しては、原則、手書きではなく、パソコンを使って作るのが基本です。現在の日本では履歴書についてはパソコンによるものではなくペンを使って作成するというのが当然だと捉えられていることも多々あるようですが、それは新卒時の就活やアルバイトやパートの際に作成する履歴書であって、実は、転職をする時については履歴書や職務経歴書は100%手書きでないといけないとはっきりとは言えません。自筆の履歴書を評価する企業もあるようですが、違う場合がずっと増加していていますので、パソコンを使って作った履歴書や職務経歴書でも良いケースは意外にも、けっこうあるのです。

転職する際には面接が必須となります。

転職のための面接では気を付けておきたい点があります。人事から「転職理由は?」と必ずと言っていいほど訊かれます。このとき、どんなにあなたが間違っていなくとも、以前の職場の働く環境や人づきあいに関しての愚痴ともとれる返しなどは、可能な限り口にするのは避けるべきです。というのも、そのような不満を口にすると、採用される可能性を水の泡にしてしまいかねません。面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することが大事です。とにかく「新しい職場で、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、会社の成長をサポートできればと思っています。」のようなアピールの仕方が必要とされます。

転職活動を行う際の最後に残る厄介な問題として、今の会社の退職があります。

転職活動を行う際の最後の難問として、「現在勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の会社が決定しても、現在働いている企業が、あなたを離したくないと慰留することは多々あります。そういったケースでは、何があっても退職をあきらめない、という強固な気持ちを維持することが大切といえます。会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を書いておきましょう。そうして、決定権を持つ上司と直接、話し合い、「退職についての交渉は、すべてお断りします」とはっきり伝えます。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において重要な要素になってきます。

「就職エージェント」大手の場合、潤沢な案件を取り扱って・・

転職エージェントは大手であるほど、いろんな案件があるという長所があるといえますが、同時に転職を希望するライバルもたくさんいる可能性が高いです。それゆえあなたが気になる企業を探し出したとしても、そのエージェント担当者が「転職するのが難しい」と判断すれば応募してくれない場合もありますし、会社から見て自分よりも評価の高いライバルがいれば、そちらの人を優先することもあります。つまり大手のエージェントは、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱いけっこう難しいので、方針を変更して中小規模のエージェントに応募したい企業や案件に関して相談し、応募できないか相談すると自分の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、そのような活用法もあります。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)