派遣先の会社が決まりました。仕事の1日目に派遣会社の営業の担当の方と…

派遣社員としてある会社で働くことになりました。

派遣として働く会社が決まりました。仕事の最初の日に派遣会社で営業を担当している人と派遣先に近いコンビニで合流すると約束をしていたのですが、担当者がなぜかコンビニの前にいないから店の中にいるのではないかと考え店内に入ってみたところ、営業担当者は雑誌コーナーにしゃがみ込んでいやらしいグラビアのところを開けて読んでいるのを発見!こんな担当の方のお仕事なんて人間として恥ずかしいことだと感じて、その場で声をかけずこっそりとコンビニを出て即刻派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

転職をスムーズに行いたい場合、それなりに準備をしなくてはなりません。

転職活動には、相応の準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、目に映る「服装」は、大事な部分だと感じてしまいます。ただ、ここ数年の、面接については、形式ばらない服装が良い企業もあるので、ビジネススーツ(正装)で面接に臨まなくても良い場合があります。会社の設立してすぐの歴史のない会社ほど、考え方が柔軟でがちがちの服装で行くよりも相手からの印象が良くなります。また、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話ができるのも魅力のひとつです。そして私服だと、面接のなかで、ファッションで、相手との話が広がる可能性もあります。ですから、担当者に気に入らえるチャンスを作れます。というわけで、今から転職は企業の「創立した年」を確認し、(ベンチャー系などの)面接の際は私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

看護婦と言われていた看護師というのは資格として歴史的にも…

その昔は看護婦ですが看護師という職業は、歴史的背景から女性比率がとても大きい職です。厳しいことに気力だけでなく体力を大きく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。それ故に、職場での対人関係のいざこざや、自身の結婚・出産といったそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり難しい仕事ともいえます。実際、上記のような点に行き詰まり、転職される人が多いのが現実です。過酷な環境ということもあり、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足になっています。最近は特に、各医療機関は、看護師が足りない「売り手市場」であるため、それが転職希望者が後を絶たない要因になっているのでしょう。

「転職エージェント」で登録したあとに、電話やメールで頻繁に連絡が入ってきます。

「転職エージェント」は、一度登録したら、電話・メールがしつこく掛かってきます。これに対して「転職エージェント」の利用が初めての人はとても驚くことが多いです。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが業務なので、とても積極的に行動します。大手エージェントは、転職を成就させることで企業から報酬を受け取るシステムのため、転職活動をしている人の都合よりも企業の都合を優先させることが少なくありません。加えて、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定を得た瞬間に、入社を強引にすすめてくることが少なくありません。防御策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職することがないように心がけるようにしましょう。

楽しい気持ちを持ちながら転職活動をすることができたら、…

将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら転職と向き合えば、メンタル面での重荷も少ないので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられるでしょう。おまけにメンタルにも健全な状態であれば、直ぐに転職が出来るでしょう。一番のおすすめは、やはり、スムーズな隙間のない時間で新たな勤め先を見付けることが重要です。今の仕事を継続しつつ、次を見付ける形が良いと思います。それに、隙間をつくらなければ退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そうすることで、職歴にも空白期間が無いので将来に響くこともありません。すなわち、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。先を見据えて、うまく転職活動を進めていきましょう。


神奈川水道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)