新卒採用で入った会社を辞めて、転職を決意しました。

新卒採用で入った会社にさよならをして悩んだ結果、転職しました。

新卒で入った会社を辞め、一歩踏み出して転職することにしました。実際に退職する前後は、想像以上に悩みました。しかし、新卒採用で入社した会社を退職し、中途採用で働いている人が大多数だと転職活動中に気づき、自然と不安な気持ちは解消されていきました。なにより1度、転職をするとなんだか精神的にも余裕がでてきて、「本当に自分のしたいこと」を見付けるのが毎日が見違えるように変化しました。やはり「仕事を変えるのは良いことじゃない」といった意見も多々ありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私の転職活動は否定的な意見を真に受けないで良かったみたいです。

転職活動をする際、様々な経路で情報を得ることが多いと思いますが、…

転職活動を始めるにあたって、いろんな手段で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職についての口コミサイトは非常に有益です。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたと言って運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせによってそのような口コミが投稿されていたという見方が一般的ですが、異なる角度から見ると、ウソの書き込みだったのなら、会社としては気にしなくてもいいはずです。しかしながら、現実は『クロ』で「真実が書かれているので、なんとか火消ししたい」と思っている可能性もあります。口コミサイトも炎上によってアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い内容の口コミが多く目立つのは、その分入社してからトラブルに遭遇する覚悟をする必要があると捉えておいて問題ないと思います。そもそも、いい会社だったらトラブルなんて起こりません。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、まともな職場で・・

求人広告には、普通の株式会社では月収の記載に目が行きますよね。この月収の欄を調べれる時には、注意深く確認する事が必要です。その多い少ないだけでわかってしまってはいけません。場合によっては、月収の額のなかに「毎月10時間の残業」が条件になっているかもしれません。要するに残業代を含めて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも考えられます。さらに「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる企業もあったります。そういうわけで、こうして可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社ははじめから相手にしないほうが無難です。

再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」にお…

仮にあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、と希望する人、実践する人が増えています。今では求人情報サイトの地域指定をするだけで、国内全エリアの求人もいつでも簡単にアクセスできます。しかしながら、地方での求人情報では、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないのが正直なところです。そのため、求人情報サイトを利用するのは当たり前ですが、求人情報サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもしっかりチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する転職サポートの有無も見ておくと、良い出会いが期待できます。

ここ数年の企業の労働背景の変移に際して、働きざかりの世代の…

ここ数年の企業の雇用に対する考え方の激しい変化に関して、全世代の中で34歳ぐらいまでの若年層が特に注意してみているようです。おそらくは、先行きを見据えようとしているのでしょう。ですから、労働者・サラリーマンといった層の労働力の「流動化」が年々増えてきているので、次第に今後、益々世代に関わらず転職への関心が高まると予想されます。「流動化」の影響により、転身することは自然なことになっていくでしょう。終身雇用が当たり前とされていた時代には、転職者というとそれだけで評価が下がるとも言われて転職が思ったようにいかないケースも多くありました。ですが、時代が変わり今現在の会社に固執する意味も必要性もますます無くなってきています。


スグル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)